メリットとからファクタリングを考えよう

ファクタリングは、手数料を支払って債権譲渡をすることで、資金調達が行える仕組みです。

この仕組みを利用するメリットの1つが、期日前に現金の確保が可能だという点です。

債権を持っていたとしても、期日までは資金化はできません。

ですがファクタリング会社に債権譲渡をすることで、債権回収の期限よりも早く資金化できます。キャッシュフローの改善にもつながる仕組みだという点を押さえておきましょう。


急に現金が必要なとき、銀行の融資よりも早いタイミングで資金を確保できます。
また取引先の倒産に備えられるというメリットにもつながります。


債権は持っていても、お金が帰ってくることもあれば、取引先が倒産すると共倒れになってしまうリスクもあります。
ですがファクタリング会社に債権を譲渡してしまえれば、貸倒リスクを第三者に移行できます。


取引先の倒産で自社が悪影響を受けるのを防げるため、リスクに備えて会社の安定経営につなげることも可能な選択肢です。


資金調達が必要な場合、銀行融資を依頼すると審査が必要です。

ファクタリングに関する問題解決をサポートいたします。

銀行融資は審査の条件が厳しいので、経営状況によっては利用できないケースも見られます。
そこでファクタリングであれば、銀行融資よりも利用しやすい選択肢になります。



融資が受けられない状況でも現金の確保が可能な場合もあるので、状況に応じて利用を検討するのも1つの手です。


メリットを押さえたうえで、経営状況にあった形で利用できるかどうか考えていくようにしましょう。