ファクタリングは何ですか

個人事業主や零細或いは中小企業経営者にとって、ビジネスで発生した売掛金の回収を一刻でも早く行いたいのが当然です。しかし、実際は顧客から振り出された手形の期日の関係で、すぐには現金化できないのが現状です。
個人事業主や零細、中小企業経営者は資金的に苦しいところが多く、資金調達のためにファクタリングを利用する人がだんだん増えています。

このファクタリングとは売掛金の債権を第三者に譲渡して現金化してもらう業務のことを言います。

手形の満期日以前に手形を現金化してもらえば、個人事業主や零細、中小企業経営者は資金調達がスムーズに行えます。

ファクタリングを行っている業者は手形上の金額から自分たちの手数料などを差し引いた金額を依頼主に渡します。

安心できるファクタリングについて補足説明いたします。

この手数料は10%から30%ぐらいが相場となっています。

資金不足のときには銀行に融資を申し込む企業も多く、この場合銀行の審査があるので資金調達してもらうまでに1か月以上かかることもあります。

融資申請時には書類の提出で面倒なことが多いです。



ファクタリングは申し込みに多くの書類提出は必要なく、また資金調達を即日やってくれるという会社もあります。
それに取引先に売掛債権の現金化したことが知られることがないのがメリットです。

ファクタリングは借り入れではないので金利が発生しません。

そこで返済義務も発生しないわけです。
しかしデメリットは銀行融資に比べると手数料金額が高いことが挙げられます。