ファクタリング会社で現金調達

起業まもないときや財務状況が悪化しているなどの問題を抱えていると、金融機関からの融資を受けることは困難です。

ファクタリング情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

不動産などめぼしい担保があればビジネスローンを受けることが可能かもしれませんが、そのような資産を保有していないとこれも現実的な選択肢とはいえません。



しかし企業活動を継続していく上では常に一定程度の現金需要が存在しています。



従業員の給料であったり資材などの原材料などは事業を永続するには必須です。
仮に売り上げが見込めても、現金入金までの期間を乗り切ることが出来なければ、収支が黒字であっても倒産のやむなきに至ります。


このように一般的な金融機関での融資を期待するのが難しい状況で、現金調達する手段にファクタリングがあります。ファクタリング取引とは、取引先に対して保有する売掛金債権を支払期日前に売買し現金化するというものです。
類似した機能をはたすものに手形割引があります。手形割引では不渡りになった場合に振出人や裏書人は保証して弁済責任を負うことになるので、取引先の倒産のリスクを被る可能性は否定できません。
これに引き換えファクタリング取引では、債権の帰属が完全に移転するので、取引先が倒産して売掛金を回収できなくなっても利用者は、貸し倒れのリスクを負担することはありません。


仮に売掛金債権が回収できなくても、未回収のリスクはファクタリング会社が負うことになります。支払サイトがながいときに、メリットが大きいといえます。